ハッピーメールで超ハイスペック男子と出会った話

ハッピーメールでイケメンに出会った話

出会系アプリを使って、かれこれ3〜4年が経っています。元々、アプリになる前から、出会い系サイトを使っていました。高校から女子校、大学も女子大で、とにかく出会いはまったくありません。

 

たまに勇気を出して合コンへ行っても、素敵な人はいないのです。私はマイナーな音楽や映画や、日本の少し古い文学などが好きなので、カラオケに行っても盛り上げられないし、趣味の話をしても面白い人と言われて終わりました。

 

出会い系を使ったほうが、趣味の合う人を見つけるのは簡単だし、写メールを要求する人もいればしない人もいるし、見た目にコンプレックスがある身としても安全な話ではありました。写メールはいくらでも誤魔化せますからね。

 

また、出会い系からアプリへと進化したことにより、利用する人たちの層も、だいぶ変わった気がします。以前は下心丸出しの30〜40代の男性が非常に多かったですが、アプリになってから、20代前半の男の子が非常に多くなりました。

 

そして彼らは、だいぶ年が離れた女性とのやりとりも抵抗がなかったようです。そんな中で、私はものすごくハイスペックな男性と出会いました。おそらくあんな素敵な人に、リアルで出会えることは二度とないでしょう。私はアプリで日記を書いていて、彼がそのことに反応したのが始まりでした。

 

載せてある写真はだいぶ加工してあって、おそらくイケメンなのでしょうが、顔ははっきりとわかりません。本人は、オダギリジョーや小栗旬に似ていると言われると言っていました。おそらく向こうからメッセージが来て、すぐにLINEに移行しました。

 

ちょうど年末の、大掃除をしているかしていないかくらいの時期だったように思います。ちなみに彼は雑誌を作っている(おそらくデザインしている)人でした。彼は、私がマイナーな映画や音楽を好んでいること、また、古い文学が好きなことに、とても興味を持ったようでした。

 

なんでも、彼はロンドンの美大を出たそうで、「若いのに日本の文化に詳しいなんて素晴らしい」と言っていました。彼は、LINEで私の話をとてもよく聞いてくれて、優しさに感動していました。

 

お正月明けに会うことが決まり、夜もやっているダイナーというかカフェのようなところで話をしました。実際会った彼は、すらりとしたモデルのような体型で、確かにオダギリジョーに似ていて、一緒にいるのが恥ずかしくなるくらいのイケメンでした。初対面なのに7時間も話をして、それからもう1度会ったのですが、彼があまりに完璧すぎて、こちらから縁を切ってしまいました。今でも後悔はしていますが、いい思い出です。