出会い系アプリで本当に好きな人と出会えました

初めて好きになれた男性との体験談

本当に好きな人を作ろう、と私が思い立ったのは24歳の夏でした。フリーターで半同棲中の彼氏がいて、アパレルショップの店長をしていた私が、突然異動でただの平社員になり、仕事へのモチベーションが一気に失せました。

 

理由はある女子社員からのいやがらせ、嫉妬などで上からの評価ががた落ちしたせいでした。くだらない世界です。プライドが傷ついて家に帰ると、だらだらと付き合っていた彼氏が日雇いの仕事が最近はないとかで爆睡していて、なんとなく、この人じゃない、と思いました。

 

仕事はやめる気はなかったけど、向上心のない彼氏には未練はなく、すぐに同棲を解消して私はひとり暮らしを始めました、平社員なったことで定時に帰宅できるようになり、合コンなどに参加したりしばらく彼氏まがいの人などと楽しんだり、結構むちゃくちゃしてました。降格はかなり堪えていました。

 

毎週飲んで騒いでも満たされなくて、本気で好きになれる人も出会えず、なんとなく登録した出会い系サイトにあった日記に、自分の本音、誰にも言えなかったことを書き連ねました。そんなの見てる人いないと思っていたのに、大丈夫ですか?文面から痛さが伝わってきます。

 

自分も今結構落ちてるので、すごい、わかります。と連絡がありました。29歳で食品メーカー勤務の男性で、彼もその夏にある企画から外されて落ち込んでいるそうです。飲もう!飲んではじけよう!などという私の誘いに、飲めないけど、飲もう!と乗ってきて、仕事帰りに会うことになりました。

 

浜田雅功さんに似ている彼は、笑顔がタイプで、本当に飲めなくて、でも私と同じように楽しんでくれました。私はべろべろになって、明日は休みだから家まできていいよ!引っ越ししたばっかりでなんもないけど!と誘うと、そんな簡単に男を誘うなと怒られました。

 

私はいつまでも仕事のことを引きずっていて、自分でも嫌になっていて号泣してしまいました。その日結局彼は朝まで私に付き合ってくれ、家には来ませんでしたが、カラオケボックスで朝までうとうとしたり、話したりして過ごしました。

 

翌朝、恥ずかしくて顔を見れない私に、一緒に頑張ろうな!と言ってくれ、それから頻繁に会うようになって、気持ちも前向きになってきて、お互いに励まし合いながら一年が過ぎ、私はふたたび新しくオープンする店の店長を任されることになりました。彼も喜んでくれました。一緒に前向きに頑張れる彼氏なんて今までいませんでした。恋も仕事も充実しています。