女性がパンティーを見られてもかまわないというのが理解できない

パンツを見られても平気な女性が理解できない

私は23歳・男性の大学院生ですが、女性が下着を見られても、こちらが思っているほど恥じらいを感じないというところが全く理解ができません。

 

女性の中には、下着をつけていれば恥部を直接見られることはないし、そもそもそれを隠すための下着なので見られてもそれほど恥ずかしくはないという方がいたりしますが、我々男性からするとパンティーはエロティシズムの象徴的なアイテムで、これを見て多少なりとも興奮を覚えない人は極めて少数派であると思います。

 

また下着は水着とほとんど同じであるから、仮に見られたとしてもそれほど気にしないという意見もあったりしますが、私からすると全く理解ができません。

 

確かに男性側からすると、自分の下着姿を女性に見られたことを想定しても、特に恥じらいを感じるという人はいないかと思いますが、我々からすると男性の下着と女性の下着は、異性に見られたときのことを考えると、まったく別の性状をもっている気がしてしまいます。

 

それはもしかすると、男性が女性のスカートの隙間からパンティーを覗き見たときに勝手に感じている背徳感から、女性側も下着を見られることに対して強い恥じらいを持っているのではないかと推察している偏見的なイメージなのかもしれませんが、どうにもその実態は男性側の想像とかい離しているような印象を持っています。

 

また多くの男性が、女性はパンティーを見られたときに強く嫌悪感を示すはずであるイメージしているのは、小さいころに見たアニメやドラマで、スケベな男性キャラが女性の下着をわざわざ覗き見て、その都度お叱りをうけるといった光景を目にしてきたからなのではないかと思います。

 

ただ、実際に自分が街中でスカートの下から女性の下着を覗こうとすると、お叱りを受けるどころではすむはずがなく、間違いなくわいせつ罪でお縄にかかると思います。

 

刑罰的に考えても、男性が女性の下着を見るという行為は世間的に悪とされておりますが、もし女性側が異性に下着を見られてもそれほど嫌悪感を抱かないのであれば、現代のわいせつ罪の判断基準はずいぶんとシビアな気さえしてしまいます。

 

こういったことを考えると、もはや女性の下着というのは自分の下着と同等の意味合い程度しか持っていないものであるといってぞんざいに扱いたくなってしまいますが、おそらくそうすると様々な問題が生じてくるので、男性側からするとどうしていいのかわかりません。どうか世間的に女性の下着がどのようなポジションにあるのか明らかになってくれることを切に願っています。