無料の出会系アプリはサクラがいる?

無料の出会い系には要注意!?サクラがいる!

出会い系といえば、サクラのイメージがありますが、今も存在しているのか調べてみました。

 

昔のサクラ
サクラというと、出会い系の経営側がバイトを雇って、無作為に返信をしていました。
昔の出会い系の特色としては、返信の速さがウリの一つで、サクラでも良いから返信をしたら、顧客確保が出来るという出会い系が多かったように思えます。

 

しかし、出会い系のネタバレサイトが登場し、サクラの多い出会い系がバレたので、今日においては、サクラのいる出会い系は、悪質な出会い系しか存在しなくなりました。
しかし、出会い系において、悪質な人はまだまだ存在するのです。

 

現在のサクラ

 

3.海外業者の介入

 

アジア圏の海外業者を中心として、日本に対してアプリを展開する会社が増えています。

 

海外業者の場合は、日本語適用でも、おかしな日本語の場合が多く、日本の出会い系業者において、サポートサービスが希薄な特徴もあります。
中には、良い出会い系もあるようですが、フィッシング詐欺目的の出会い系もありますから、注意する必要があります。

 

2.ポイントバッカーの存在
ポイントバッカーとは、男性が使うポイントをもらう事を目的とした女の子で、現在も少なからず存在します。
ポイントバッカーは、返信が早く、ポイントが無くなると怒り出し、いくら直接会う事を要求しても話を逸らします。
少しでもオカシイと感じたら、メッセージを送るのをやめた方が良さそうです。

 

3.名簿屋の存在
フィッシング詐欺もそうですが、昔ほど簡単に個人情報を開示できないので、個人情報を集める為に名簿屋が存在しています。
出会い系アプリ全体が名簿屋の場合もありますが、多くの場合は、優良な出会い系アプリでも存在している事はあります。

 

4.マルチや詐欺の商人
マルチやデート商法など、詐欺行為をターゲットを絞って行っている場合があります。

 

5.風俗店の女の子
風俗業界の不況により、風俗店の女の子が登録している場合があります。

 

まとめ
昔ながらのサクラは、悪質な出会い系を除いて少なくなっていますが、悪用している人は少なからずいます。
怪しいと感じたら、メッセージを送らないのが1番だと思います。