ワクワクメールで巨乳地味なメガネ娘をゲット

ワクワクメールで地味な女の子との出会い体験

僕は26歳、男、サラリーマンです。彼女と別れて1年以上経ちました。新しい彼女が欲しいのですが、全然彼女ができませんでした。そこで、彼女を作るため、または彼女じゃなくてもセフレでもと思い、出会系アプリを使いました。

 

使った出会系アプリはワクワクメールです。女性会員が多いサイトが出会いやすいということだったので、ワクワクメールを選びました。プロフをがっちりと書いて日記もしっかり書きました。そのおかげで、女性からメールが何通かきました。もちろん、なかにはさくらが入っているので、さくらっぽいメールは排除しました。結局、LINE交換できたのは1人だけだったので、彼女とLINEをやりました。

 

彼女は23歳のOLです。ショートカットで地味なメガネ娘でした。正直、それほど興味はありませんでした。セフレになってくれれば良いし、別に会えなくても良いやという気持ちで、彼女にはそっけなくメッセージを送っていました。それが功を奏したのか、彼女に更に興味を持たれました。そして、会えなくても良いやという気持ちで、会う約束をしたら、誘いに乗ってきました。

 

彼女はアニメやゲームが好きだというので、秋葉原で会う約束をしました。僕も好きなので、彼女と会えなくてもそのままブラブラしようと思ったからです。待ち合わせ場所で待っていると、彼女からLINEで「着いた」とメッセージがありました。探してみると、居ました。写真通り、地味でした。しかし、想像と違っていたのは胸でした。かなりの巨乳でした。

 

彼女とはゲームセンターに行ったり、アニメショップに行ったりと、オタクな店に行きました。最初は地味な印象でしたが、一緒にいると妹の様に可愛くなってきました。しかも、一緒に歩く時、意識してか無意識にか、巨乳を腕に押し付けてきました。

 

秋葉原の町を歩いた後は、疲れたので、カラオケに行きました。カラオケでは二人でアニメソングを歌って盛り上がりました。歌うのに疲れて二人で座って休んでいると、彼女は僕に寄り添ってきました。僕は彼女に肩に腕を回しました。すると、彼女は僕に甘えてきました。僕は暗いカラオケの個室で、彼女の手を繋いだり、抱いたりしてスキンシップを増やしました。彼女も積極的に僕にスキンシップしてくるようになりました。そして、目と目が合って、僕たちはキスをしました。カラオケではキスをしたり胸を揉んだりして楽しみました。その後はホテルに行って続きをしました。